【第2章2 1歳以上3歳未満児の保育に関わるねらい及び内容】

「保育原理」での出題がとても多いですが、「児童家庭福祉」「保育の心理学」「児童家庭福祉」でも出題されることがあります。

「保育原理」を受験される方は、「1 乳児保育に関わるねらい及び内容」「3 3歳以上児の保育に関わるねらい及び内容」と共に、よく目を通しておきましょう♪

※新しく加わったところと、大きく変わったところには【NEW】を付けています。【変】 は、文章が一部変更になっています。変更箇所にアンダーラインをしています。

◆スポンサーリンク◆




(1)基本的事項

「保育の内容」を「乳児」「1歳~3歳未満児」「3歳以上児」の3段階に分けたことにより新設された項目です。
【NEW】 この時期においては、歩き始めから、歩く、走る、(ⅰ)などへと、基本的な運動機能が次第に発達し、(ⅱ)の自立のための身体的機能も整うようになる。つまむ、めくるなどの(ⅲ)の機能も発達し、食事、衣類の着脱なども、保育士等の(ⅳ)の下で自分で行うようになる。発声も明瞭になり、語彙も増加し、自分の意思や欲求を言葉で表出できるようになる。このように自分でできることが増えてくる時期であることから、保育士等は、子どもの生活の安定を図りながら、(ⅴ)とする気持ちを尊重し、温かく見守るとともに、愛情豊かに、(ⅵ)に関わることが必要である。 ⅰ 跳ぶ
ⅱ 排泄
ⅲ 指先
ⅳ 援助
ⅴ自分でしよう
ⅵ 応答的
【NEW】 本項においては、この時期の発達の特徴を踏まえ、保育の「ねらい」及び「内容」について、心身の健康に関する領域「(ⅰ)」、人との関わりに関する領域「(ⅱ)」、身近な環境との関わりに関する領域「(ⅲ)」、言葉の獲得に関する領域「(ⅳ)」及び感性と表現に関する領域「(ⅴ)」としてまとめ、示している。 ⅰ 健康
ⅱ 人間関係
ⅲ 環境
ⅳ 言葉
ⅴ 表現
【NEW】 本項の各領域において示す保育の内容は、第1章の2に示された養護における「生命の保持」及び「情緒の安定」に関わる保育の内容と、(ⅰ)展開されるものであることに留意が必要である。 ⅰ 一体となって

ミニテストに挑戦☆

※パソコン推奨。スマホではうまく動作しません。

うまく表示されない方はこちら(別ウィンドウで開く)
※どうしてもスマホやタブレットでやりたい場合は、上記リンクからミニテストを開き、画面を横にするとうまくできることがあるようですが、パソコンでやった方がいいと思います。

(2)ねらい及び内容

まずは、「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」の5領域について覚えましょう♪

 ア健康
健康な心と体を育て、自ら健康で安全な生活をつくり出す力を養う。
 イ人間関係
他の人々と親しみ、支え合って生活するために、自立心を育て、人と関わる力を養う。
 ウ環境
周囲の様々な環境に好奇心や探究心をもって関わり、それらを生活に取り入れていこうとする力を養う。
 エ言葉
経験したことや考えたことなどを自分なりの言葉で表現し、相手の話す言葉を聞こうとする意欲や態度を育て、言葉に対する感覚や言葉で表現する力を養う。
 オ表現
感じたことや考えたことを自分なりに表現することを通して、豊かな感性や表現する力を養い、創造性を豊かにする。

うまく表示されない方はこちら(別ウィンドウで開く)

ア 健康

出題頻度(☆H30、★H29、◇H28、◆H27)
※旧保育所保育指針「教育に関わるねらい及び内容・健康」に基づく出題

  • 保育原理・・・☆◇◆◆
ア 健康
健康な心と体を育て、(ⅰ)健康で(ⅱ)な生活をつくり出す力を養う。
ⅰ 自ら
ⅱ 安全

(ア)ねらい

【変】 明るく伸び伸びと生活し、(ⅰ)体を動かすことを楽しむ ⅰ 自分から
② 自分の体を十分に動かし、(ⅰ)をしようとする。 ⅰ 様々な動き
【変】 健康、安全な(ⅰ)に必要な習慣に気付き、自分でしてみようとする気持ちが育つ ⅰ 生活

(イ)内容

【変】 保育士等の愛情豊かな(ⅰ)の下で、(ⅱ)をもって生活をする。 ⅰ 受容
ⅱ 安定感
【NEW】 食事や(ⅰ)、遊びと(ⅱ)など、保育所における生活の(ⅲ)が形成される。 ⅰ 午睡
ⅱ 休息
ⅲ リズム
【NEW】 走る、跳ぶ、(ⅰ)、押す、(ⅱ)など(ⅲ)を使う遊びを楽しむ。 ⅰ 登る
ⅱ 引っ張る
ⅲ 全身
【NEW】 様々な食品や(ⅰ)に慣れ、(ⅱ)とした雰囲気の中で食事や(ⅲ)を楽しむ。 ⅰ 調理形態
ⅱ ゆったり
ⅲ 間食
【変】 身の回りを(ⅰ)に保つ心地よさを感じ、その(ⅱ)が少しずつ身に付く ⅰ 清潔
ⅱ 習慣
【NEW】 保育士等の助けを借りながら、(ⅰ)を自分でしようとする。 ⅰ 衣類の着脱
【NEW】 (ⅰ)での排泄に慣れ、(ⅱ)排泄 ができるようになる。 ⅰ 便器で
ⅱ 自分で

(ウ)内容の取扱い

上記の取扱いに当たっては、次の事項に留意する必要がある。

【NEW】 心と体の健康は、(ⅰ)があるものであることを踏まえ、子どもの(ⅱ)に配慮した温かい触れ合いの中で、心と体の発達を促すこと。特に、一人一人の発育に応じて、体を動かす機会を十分に確保し、自ら(ⅲ)を動かそうとする意欲が育つようにすること。 ⅰ 相互に密接な関連
ⅱ 気持ち
ⅲ 体
【NEW】 健康な心と体を育てるためには望ましい(ⅰ)の形成が重要であることを踏まえ、ゆったりとした雰囲気の中で(ⅱ)や楽しさを味わい、進んで食べようとする気持ちが育つようにすること。なお、(ⅲ)のある子どもへの対応については、嘱託医等の指示や協力の下に適切に対応すること。 ⅰ 食習慣
ⅱ 食べる喜び
ⅲ 食物アレルギー
【NEW】 排 泄 の習慣については、一人一人の(ⅰ)等を踏まえ、(ⅱ)ときに便器に座らせるなどにより、少しずつ慣れさせるようにすること。 ⅰ 排泄感覚
ⅱ おむつが汚れていない
【NEW】 食事、排 泄 、睡眠、衣類の着脱、身の回りを清潔にすることなど、(ⅰ)に必要な基本的な習慣については、一人一人の状態に応じ、(ⅱ)の中で行うようにし、子どもが自分でしようとする気持ちを尊重すること。また、基本的な生活習慣の形成に当たっては、(ⅲ)での生活経験に配慮し、家庭との適切な連携の下で行うようにすること。 ⅰ 生活
ⅱ 落ち着いた雰囲気
ⅲ 家庭

イ 人間関係

出題頻度(☆H30、★H29、◇H28、◆H27)
※旧保育所保育指針「教育に関わるねらい及び内容・人間関係」に基づく出題

  • 保育原理・・・☆◇◇◆
  • 保育の心理学・・・★
イ 人間関係
(ⅰ)と親しみ、支え合って生活するために、自立心を育て、人と関わる力を養う。
ⅰ 他の人々

(ア)ねらい

【変】 保育所での生活を楽しみ、(ⅰ)と関わる心地よさを感じる ⅰ 身近な人々
【NEW】 周囲の(ⅰ)等への興味や関心が高まり、関わりをもとうとする。 ⅰ 子ども
【NEW】 保育所の生活の仕方に慣れ、(ⅰ)の大切さに気付く。 ⅰ きまり

(イ)内容

【NEW】 保育士等や周囲の子ども等との(ⅰ)した関係の中で、共に過ごす心地よさを感じる。 ⅰ 安定
【NEW】 保育士等の受容的・応答的な関わりの中で、(ⅰ)を適切に満たし、安定感をもって過ごす。 ⅰ 欲求
【NEW】 身の回りに(ⅰ)がいることに気付き、徐々に(ⅱ)と関わりをもって遊ぶ。 ⅰ 様々な人
ⅱ 他の子ども
【NEW】 (ⅰ)等の仲立ちにより、(ⅱ)との関わり方を少しずつ身につける。 ⅰ 保育士
ⅱ 他の子ども
【NEW】 保育所の(ⅰ)の仕方に慣れ、(ⅱ)があることや、その大切さに気付く。 ⅰ 生活
ⅱ きまり
⑥ 生活や遊びの中で、(ⅰ)や保育士等の真似をしたり、(ⅱ)遊びを楽しんだりする。 ⅰ 年長児
ⅱ ごっこ遊び

(ウ)内容の取扱い

上記の取扱いに当たっては、次の事項に留意する必要がある。

【NEW】 保育士等との(ⅰ)に支えられて生活を確立するとともに、(ⅱ)とする気持ちが旺盛になる時期であることに鑑み、そのような子どもの気持ちを尊重し、温かく見守るとともに、愛情豊かに、(ⅲ)に関わり、適切な援助を行うようにすること。 ⅰ 信頼関係
ⅱ 自分で何かをしよう
ⅲ 応答的
【NEW】 思い通りにいかない場合等の子どもの(ⅰ)については、保育士等が(ⅱ)に受け止めるとともに、そうした気持ちから(ⅲ)経験や(ⅳ)することへの気付き等につなげていけるように援助すること。 ⅰ 不安定な感情の表出
ⅱ 受容的
ⅲ 立ち直る経験
ⅳ 感情をコントロール
【NEW】 この時期は自己と他者との(ⅰ)の認識がまだ十分ではないことから、子どもの(ⅱ)の育ちを見守るとともに、保育士等が仲立ちとなって、自分の気持ちを相手に伝えることや(ⅲ)に気付くことの大切さなど、友達の気持ちや友達との関わり方を丁寧に伝えていくこと。 ⅰ 違い
ⅱ 自我
ⅲ 相手の気持ち

ウ 環境

出題頻度(☆H30、★H29、◇H28、◆H27)
※旧保育所保育指針「教育に関わるねらい及び内容・環境」に基づく出題

  • 保育原理・・・☆◇◆◆
ウ 環境
周囲の様々な(ⅰ)に好奇心や探究心をもって関わり、それらを(ⅱ)に取り入れていこうとする力を養う。
ⅰ 環境
ⅱ 生活

(ア)ねらい

【変】 身近な環境に親しみ、(ⅰ)中で、様々なものに興味や関心をもつ。 ⅰ 触れ合う
【NEW】 様々なものに関わる中で、(ⅰ)を楽しんだり、考えたりしようとする。 ⅰ 発見
【NEW】 見る、聞く、触るなどの経験を通して、(ⅰ)の働きを豊かにする。 ⅰ 感覚

(イ)内容

【NEW】 安全で活動しやすい環境での(ⅰ)等を通して、見る、聞く、触れる、(ⅱ)、味わうなどの感覚の働きを豊かにする。 ⅰ 探索活動
ⅱ 嗅ぐ
【NEW】 玩具、(ⅰ)、遊具などに興味をもち、それらを使った遊びを楽しむ。 ⅰ 絵本
【NEW】 身の回りの物に触れる中で、(ⅰ)、色、大きさ、量などの物の性質や(ⅱ)に気付く。 ⅰ 形
ⅱ 仕組み
【NEW】 自分の物と人の物の区別や、(ⅰ)など、環境を捉える感覚が育つ。 ⅰ 場所的感覚
【NEW】 身近な(ⅰ)に気付き、親しみをもつ。 ⅰ 生き物
【NEW】 (ⅰ)の生活や(ⅱ)などに興味や関心をもつ。 ⅰ 近隣
ⅱ 季節の行事

(ウ)内容の取扱い

上記の取扱いに当たっては、次の事項に留意する必要がある。

【NEW】 玩具などは、音質、形、色、大きさなど子どもの(ⅰ)に応じて適切なものを選び、(ⅱ)を通して感覚の発達が促されるように工夫すること。 ⅰ 発達状態
ⅱ 遊び
【NEW】 身近な生き物との関わりについては、子どもが命を感じ、(ⅰ)に気付く経験へとつながるものであることから、そうした(ⅱ)ような関わりとなるようにすること。 ⅰ 生命の尊さ
ⅱ 気付きを促す
【NEW】 地域の生活や(ⅰ)などに触れる際には、社会とのつながりや地域社会の(ⅱ)への気付きにつながるものとなることが望ましいこと。その際、保育所内外の行事や地域の(ⅲ)との触れ合いなどを通して行うこと等も考慮すること。 ⅰ 季節の行事
ⅱ 文化
ⅲ 人々

エ 言葉

出題頻度(☆H30、★H29、◇H28、◆H27)
※旧保育所保育指針「教育に関わるねらい及び内容・言葉」に基づく出題

  • 保育原理・・・◆
  • 保育実習理論・・・◇
エ 言葉
経験したことや考えたことなどを(ⅰ)の言葉で表現し、相手の話す言葉を聞こうとする意欲や態度を育て、言葉に対する感覚や(ⅱ)を養う。
ⅰ 自分なり
ⅱ 言葉で表現する力

(ア)ねらい

【NEW】 (ⅰ)や言葉で表現する楽しさを感じる。 ⅰ 言葉遊び
【変】 人の言葉や話などを聞き、自分でも(ⅰ)を伝えようとする ⅰ 思ったこと
【NEW】 絵本や物語等に親しむとともに、言葉のやり取りを通じて身近な人と(ⅰ)。 ⅰ 気持ちを通わせる

(イ)内容

① 保育士等の(ⅰ)な関わりや話しかけにより、自ら(ⅱ)を使おうとする。 ⅰ 応答的
ⅱ 言葉
【NEW】 生活に必要な簡単な(ⅰ)に気付き、聞き分ける。 ⅰ 言葉
【変】 親しみをもって日常の(ⅰ)に応じる ⅰ 挨拶
【NEW】 絵本や(ⅰ)を楽しみ、簡単な言葉を繰り返したり、(ⅱ)をしたりして遊ぶ。 ⅰ 紙芝居
ⅱ 模倣
⑤ 保育士等と(ⅰ)をする中で、言葉のやり取りを楽しむ。 ⅰ ごっこ遊び
【NEW】 保育士等を仲立ちとして、生活や(ⅰ)の中で友達との言葉のやり取りを楽しむ。 ⅰ 遊び
⑦ 保育士等や友達の言葉や(ⅰ)に興味や関心をもって、聞いたり、話したりする。 ⅰ 話

(ウ)内容の取扱い

上記の取扱いに当たっては、次の事項に留意する必要がある。

【NEW】 身近な人に親しみをもって接し、(ⅰ)などを伝え、それに相手が応答し、その言葉を聞くことを通して、次第に(ⅱ)が獲得されていくものであることを考慮して、(ⅲ)の中で保育士等との言葉のやり取りができるようにすること。 ⅰ 自分の感情
ⅱ 言葉
ⅲ 楽しい雰囲気
【NEW】 子どもが自分の思いを言葉で伝えるとともに、(ⅰ)などを聞くことを通して、次第に話を(ⅱ)し、言葉による伝え合いができるようになるよう、気持ちや経験等の(ⅲ)を行うことを援助するなど、子ども同士の関わりの仲立ちを行うようにすること。 ⅰ 他の子どもの話
ⅱ 理解
ⅲ 言語化
【NEW】 この時期は、片言から、二語文、(ⅰ)でのやり取りができる程度へと、大きく言葉の習得が進む時期であることから、それぞれの子どもの(ⅱ)に応じて、遊びや(ⅲ)など、保育の内容を適切に展開することが必要であること。 ⅰ ごっこ遊び
ⅱ 発達の状況
ⅲ 関わりの工夫

オ 表現

出題頻度(☆H30、★H29、◇H28、◆H27)
※旧保育所保育指針「教育に関わるねらい及び内容・表現」に基づく出題

  • 保育原理・・・☆◇◆◆◆
  • 児童家庭福祉・・・☆
  • 保育実習理論・・・★◇◇
オ 表現
感じたことや考えたことを自分なりに(ⅰ)することを通して、(ⅱ)や表現する力を養い、創造性を豊かにする。
ⅰ 表現
ⅱ 豊かな感性

(ア)ねらい

【NEW】 身体の諸感覚の(ⅰ)を豊かにし、様々な感覚を味わう。 ⅰ 経験
【変】 感じたことや考えたことなどを(ⅰ)表現しようとする ⅰ 自分なりに
【NEW】 生活や遊びの様々な体験を通して、(ⅰ)や感性が豊かになる。 ⅰ イメージ

(イ)内容

① 水、砂、土、紙、(ⅰ)など様々な素材に触れて楽しむ。 ⅰ 粘土
【NEW】 音楽、リズムやそれに合わせた(ⅰ)を楽しむ。 ⅰ 体の動き
③ 生活の中で様々な音、形、色、(ⅰ)、(ⅱ)、味、(ⅲ)などに気付いたり、感じたりして楽しむ。 ⅰ 手触り
ⅱ 動き
ⅲ 香り
【NEW】 歌を歌ったり、簡単な(ⅰ)や(ⅱ)を使う遊びを楽しんだりする。 ⅰ 手遊び
ⅱ 全身
【変】 保育士等からの話や、生活や(ⅰ)の中での出来事を通して、(ⅱ)を豊かにする。 ⅰ 遊び
ⅱ イメージ
⑥ 生活や遊びの中で、(ⅰ)のあることや経験したことなどを自分なりに表現する。 ⅰ 興味

(ウ)内容の取扱い

上記の取扱いに当たっては、次の事項に留意する必要がある。

【NEW】 子どもの表現は、(ⅰ)の様々な場面で表出されているものであることから、それらを(ⅱ)に受け止め、様々な表現の仕方や(ⅲ)を豊かにする経験となるようにすること。 ⅰ 遊びや生活
ⅱ 積極的
ⅲ 感性
【NEW】 子どもが(ⅰ)しながら様々な表現を楽しむことや、自分の力で(ⅱ)充実感などに気付くよう、温かく見守るとともに、適切に援助を行うようにすること。 ⅰ 試行錯誤
ⅱ やり遂げる
【NEW】 様々な感情の表現等を通じて、子どもが(ⅰ)や気持ちに気付くようになる時期であることに鑑み、(ⅱ)な関わりの中で自信をもって表現をすることや、諦めずに続けた後の(ⅲ)等を感じられるような経験が蓄積されるようにすること。 ⅰ 自分の感情
ⅱ 受容的
ⅲ 達成感
【NEW】 身近な自然や身の回りの事物に関わる中で、(ⅰ)や(ⅱ)が得られるよう、諸感覚を働かせることを楽しむ遊びや素材を用意するなど保育の環境を整えること。 ⅰ 発見
ⅱ 心が動く経験

(3)保育の実施に関わる配慮事項

出題頻度(☆H30、★H29、◇H28、◆H27)
※旧保育所保育指針「3歳未満児の保育に関わる配慮事項」に基づく出題

  • 保育原理・・・★
  • 保育実習理論・・・◆
ア 特に感染症にかかりやすい時期であるので、体の状態、(ⅰ)、食欲などの日常の状態の観察を十分に行うとともに、適切な判断に基づく(ⅱ)な対応を心がけること。 ⅰ 機嫌
ⅱ 保健的
イ 探索活動が十分できるように、(ⅰ)に努めながら活動しやすい環境を整え、(ⅱ)など様々な遊びを取り入れること。 ⅰ 事故防止
ⅱ 全身を使う遊び
【NEW】 (ⅰ)が形成され、子どもが自分の感情や気持ちに気付くようになる重要な時期であることに鑑み、(ⅱ)を図りながら、子どもの(ⅲ)を尊重するとともに促していくこと。 ⅰ 自我
ⅱ 情緒の安定
ⅲ 自発的な活動
エ 担当の保育士が替わる場合には、子どものそれまでの(ⅰ)や(ⅱ)に留意し、職員間で協力して対応すること。 ⅰ 経験
ⅱ 発達過程
◆スポンサーリンク◆







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする