もっと!【第1章1(2)保育の目標】穴埋め特訓ドリル

保育原理で出題の多い「(2)保育の目標」について、穴埋めで猛特訓するためのページです。

※複数選択式ミニテスト(パソコン推奨)は、以前に【第1章1保育所保育に関する基本原則】で載せていたミニテストですが、ページが重くなってしまった為、分けました。表の穴埋め箇所は変えてあります。記述式ミニテストは、新作です☆

◆スポンサーリンク◆




(2)保育の目標

出題頻度(☆H30、★H29、◇H28、◆H27)

  • 保育原理・・・★★◇◆
ア 保育所は、子どもが生涯にわたる(ⅰ)形成にとって極めて重要な時期に、その生活時間の大半を過ごす場である。このため、保育所の(ⅱ)は、子どもが現在を最も良く生き、望ましい未来を(ⅲ)力の基礎を培うために、次の目標を目指して行わなければならない。
ⅰ人間
ⅱ保育
ⅲつくり出す
(ア) 十分に養護の行き届いた(ⅰ)の下に、くつろいだ(ⅱ)の中で子どもの様々な欲求を満たし、(ⅲ)の保持及び情緒の安定を図ること。 ⅰ環境
ⅱ雰囲気
ⅲ生命
(イ) 健康、(ⅰ)など生活に必要な基本的な(ⅱ)や態度を養い、心身の健康の基礎を培うこと。 ⅰ安全
ⅱ習慣
(ウ) 人との(ⅰ)の中で、人に対する愛情と(ⅱ)感、そして人権を大切にする心を育てるとともに、(ⅲ)、(ⅳ)及び協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培うこと。 ⅰ関わり
ⅱ信頼
ⅲ自主
自立
(エ) 生命、自然及び(ⅰ)についての(ⅱ)を育て、それらに対する豊かな(ⅲ)や思考力の芽生えを培うこと。 ⅰ社会の事象
ⅱ興味や関心
ⅲ心情
(オ) (ⅰ)の中で、言葉への興味や関心を育て、(ⅱ)たり、聞いたり、相手の話を(ⅲ)しようとするなど、言葉の豊かさを養うこと。 ⅰ生活
ⅱ話し
ⅲ理解
(カ) 様々な体験を通して、(ⅰ)や表現力を育み、(ⅱ)の芽生えを培うこと。 ⅰ豊かな感性
ⅱ創造性
イ 保育所は、入所する子どもの(ⅰ)に対し、その意向を受け止め、子どもと保護者の安定した関係に配慮し、(ⅱ)や保育士等の(ⅲ)を生かして、その援助に当たらなければならない。 ⅰ保護者
ⅱ保育所の特性
ⅲ専門性

ミニテストにチャレンジ♪

もっと穴埋め練習をして極めたい人用♪
※パソコン推奨。スマホではうまく動作しません。

うまく表示されない方はこちら(別ウィンドウで開く)
記述式ミニテスト。相当難しい。
これができればかなり覚えていると思います。クリアできなくても、試験に通用する力はついているはずなので、落ち込まないでね☆
気が向いたときに、ぼちぼちやってみてください♪

うまく表示されない方はこちら(別ウィンドウで開く)
◆スポンサーリンク◆







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする